fbpx

兵庫県姫路市の行政書士事務所。何でもお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらまで079-283-2323 
BLOG
榊原行政書士事務所 > すべての記事 > 在留資格・ビザ > 第7回 「ビザ更新」申請書類の記入方法(所属機関等作成用3)

第7回 「ビザ更新」申請書類の記入方法(所属機関等作成用3)

行政書士が教えるビザ:第7回 「ビザ更新」書類の記載方法と注意点(所属機関等作成用3、4)

おはようございます。
行政書士の秋田です。
ここまでは、順調に記入が済まれましたでしょうか?
今回のページの記入が済んだら準備は完了です。
もう少しですので頑張って下さいね。
では、申請書の5ページ目から(所属機関等作成用3)記載していきましょう。
 

1 申請書類の記載

(1)申請書の5ページ目(所属機関等作成用3)


 

9 派遣先等

※2(2)の事業内容で人材派遣を選ばれた方のみ記入して下さいね。

 

派遣先について以下の項目を記入して下さい。

記入方法は、上記の勤務先会社の場合と同じです。

① 名称

② 法人番号

③ 支店・事業所名

④ 事業内容

⑤ 所在地、電話番号

 

(2)申請書の6ページ目(所属機関等作成用4)

申請書の6ページ目(所属機関等作成用4)に記載していきましょう。


⑥ 資本金

⑦ 年間売上高(直近年度)

⑧ 派遣予定期間

 

 

1 署名について

勤務先の会社名又は所属機関名とその代表者の氏名を記入して下さい。

代表者の印鑑を押印してもらって下さい。

年月日は、申請書を作成した日を記入します。

 

*************

以上で申請書の記入が終わりです。

無事に記載、出来ましたか?

もう一度、始めから確認したい方は、こちらからどうぞ。1枚目の記載方法です。

 
次回は、「在留資格認定証明書」の発行までの手続きの流れをご紹介します。
 
弊所では、ビザ(在留資格)の更新申請、新規申請、変更許可のご相談を承っております。
お悩み中の皆さま、お気軽にご相談くださいませ。          
お役に立てれば幸いです。

ご質問やお悩み相談は、メールもしくはお電話(通話料無料)でお気軽にご連絡ください。初回相談料は無料です。
 

TOP