fbpx

兵庫県姫路市の行政書士事務所。何でもお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらまで079-283-2323 
BLOG
榊原行政書士事務所 > 建設業許可 > 行政書士が教える建設業許可の取り方:第11回「工事経歴書の書き方」

行政書士が教える建設業許可の取り方:第11回「工事経歴書の書き方」

第11回 工事経歴書の書き方

建設業者の皆さま、こんにちは。 いつもお仕事ご苦労様です 行政書士の秋田です。

今回は、工事経歴書の書き方についてご説明していきます。

工事経歴書は、新規申請の際には、実績がないため「実績ありません」と記載して提出することになります。しかし、毎年度の決算変更届の提出時には必ず必要となりますので、詳しく見ていきましょう。

建設業手引きには、1,000億円を超える場合の注意事項などが出ていますので、御覧になりたい方は手引きをご覧くださいね。

様式は、各都道府県の建設業課のホームページに出ています。

 

2 書き方手順

 

① 建設工事の種類ごとに記入しますので、請求書、領収書などを分別しましょう。工事経歴書を作成することを念頭において日頃から、業種ごとにピックアップできるように工夫なさっておくといいですね。

② 工事金額が、税込みか税抜きかを確認して統一しておきましょう。経営審査を受けられる方は、必ず「税抜き」で作成します。経営審査を受けられない方は、税込み、税抜きのどちらで作成しても大丈夫です。

③ 元請工事は、「元請」、下請工事は、「下請」と記載します。元請とは、発注者から直接請け負った建設工事をいいます。

④ 注文者の欄は、下請工事の場合は下請工事の直接の注文者の商号又は名称を記載します。
工事名の欄は、下請工事の場合は、下請工事の工事名称を記載します。
元請工事の場合は、直接の注文者の名称、元請工事名を記載します。

※注文者や工事名に個人名称が入っている場合、個人情報保護のため個人名が公にならないように下記のように記載します。
注文者 磯野 浪平 →→→   〇 I
工事名 磯野邸改修工事 →→→ 〇 I邸改修工事

⑤ 配置技術者は、主任技術者と監理技術者の別を記載して技術者名を記載します。

⑥ 基本的に金額の大きなものから順に記載していきます。

(1) 経営事項審査を受けない場合
主な完成工事のうち、請負金額の大きなものから順に記載します。
7件~10件程度の記入があれば良いでしょう。
もちろん、全体の金額が10件以内の場合は、記載件数がそれ以下でも大丈夫です。
ページの最下段には、ページの合計額と工事件数を記載します。

(2)経営事項審査を受ける場合
業種ごとに、元請工事に係る完成工事について、合計額のおおむね7割を超えるところまで請負代金の額の大きい順に記載します。
次に、下請工事に係る完成工事について、全ての完成工事の合計額のおおむね7割を超えるところまで記載します。

⑦ 小計の欄は、ページごとの完成工事の件数の合計、工事の合計金額を記載します。

⑧ 業種ごとに、最後のページに、工事の合計額を記載します。

 

3 記載の工夫

1 全ての工事を把握して、工事金額と件数を記入するのが理想的ですが、少額の工事が多数あり、どうしても工事件数を把握できない場合は、合計額から案分して件数を出すしかありません。その際は、元請工事か下請工事かの別も案分して出しておきましょう。

2 許可を受けていない業種に係る工事については、どのページにも記載されないことになりますが、直前3年の各事業年度における工事施工金額には、「その他工事」として金額を記載する欄があります。従って、案分して記入される場合は、その他工事の金額も忘れずにとっておきましょう。

 

4 工事金額の注意点

土木一式工事と建築一式工事については、100万円以上の工事が該当しますので100万円未満の工事については、他の業種で記載する必要があります。例えば、土木一式で上げたいけれど工事施工金額が30万円程度の場合は、とび土工にまわすことになります。

もっとも、これは一式工事と認められるには最低100万円ほどはかかるでしょう、という観点から求められる基準です。従って、必ずしも金額にかかわらず一式工事と呼べるものであれば、記載して大丈夫です。

 

5 工事名の記載について

記載で一番悩まれるのが、工事名の書き方かもしれません。
以下に、主な工事名の例を挙げていますので参考になさって下さい。
土木一式工事 地下工作物工事、鉄道軌道工事、伏樋工事、橋梁工事、土木工作物の解体、除去工事、
建築一式工事 新築工事、増築工事、リフォーム工事
大工工事 大工工事、型枠工事、造作工事
左官工事 左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事、吹付け工事、とぎ出し工事、洗い出し工事
とび・土工・コンクリート工事 左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事、吹付け工事、鉄骨組立て工事、コンクリートブロック据付け工事、工作物解体工事、くい工事、掘削工事、根切り工事、発破工事、盛土工事
石工事 石積み(張り)工事、コンクリートブロック積み(張り)工事
電気工事 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む)工事、照明設備工事
屋根工事 屋根ふき工事
管工事 冷暖房設備工事、冷凍冷蔵設備工事、空気調和設備工事、給排水・給湯設備工事、厨房設備工事、衛生設備工事、浄化槽工事、水洗便所設備工事、ガス管配管工事、ダクト工事、管内更生工事
タイル・れんが・ブロック工事 コンクリートブロック積み(張り)工事、レンガ積み(張り)工事、タイル張り工事、築炉工事、スレート張り工事
鋼構造物工事 鉄骨工事、橋梁工事、鉄塔工事、石油、屋外広告工事、閘門、水門等の門扉設置工事
舗装工事 アスファルトほ装工事、コンクリートほ装工事、ブロックほ装工事、路盤築造工事
塗装工事 塗装工事、鋼構造物塗装工事、路面標示工事
造園工事 植栽工事、地被工事、景石工事、地ごしらえ工事、公園設備工事、広場工事、園路工事、水景工事、屋上等緑化工事
内装仕上工事 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、内装間仕切り工事、床仕上工事、たたみ工事、ふすま工事、家具工事、防音工事
建具工事 金属製建具取付け工事、サッシ取付け工事、金属製カーテンウオール取付け工事、シャッター取付け工事、自動ドアー取付け工事、木製建具取付け工事、ふすま工事
 

 

いかがでしょうか?工事経歴書は準備出来そうですか?

次回は、お持ちの資格と取得できる業種の見方について詳しく説明したいと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 
弊所では、建設業許可の新規取得、更新などのご相談を承っております。
お悩み中の皆さま、お気軽にご相談ください。
お役に立てれば幸いです。

ご質問やお悩み相談は、メールもしくはお電話(通話料無料)でお気軽にご連絡ください。
 

建設業許可取得サポート費用のご案内 (税別)
代行報酬 県証紙代 合計
新規許可
(知事/個人事業)
120,000 90,000 210,000~
新規許可
(知事/法人)
150,000 90,000 240,000~
建設業許可サポートサービスの詳細はこちらのページでご確認できます。
上記以外に、書類取得実費等が必要です。
上記報酬は、姫路市内で建設業許可を取得される場合の費用になります。

カテゴリー別記事


CONTACT
TOP