兵庫県姫路市の行政書士事務所。何でもお気軽にご相談ください。

ご相談はこちらまで079-283-2323 
NEWS&TOPICS
榊原行政書士事務所 > 建設業許可 > 1 建設業許可が必要か否かを判断する基準は?

1 建設業許可が必要か否かを判断する基準は?

建設業許可をとろう。

そう思い立ったら、まず始めにすることはなんでしょう?

まず最初に建設業許可が本当に必要なのか、必要でないのかを判断しなければなりません。

 

建設業許可は、500万円以上の工事を請け負う場合に必要となります。

但し、建築一式工事(建築確認を伴う新築工事、増改築の工事をさします)は1500万円以上の工事を請け負う場合に、必要となります。もっとも、1500万円以上の工事を請け負う場合でも、延べ床面積が150㎡未満の木造住宅工事の場合には許可は必要ありません。

 

この、500万円(建築一式工事の場合は1500万円)という金額には、材料費や消費税を含まれます。

請け負う立場が、元請か下請かといったことや、個人事業主か法人か、といった事業形態は関係なく、あくまで金額での判断になります。

カテゴリー別記事


CONTACT
TOP